余ったレザーと廃材の針金でレザーバングルを作ってみた


制作時間、30分






REDMOON後藤さんのYouTubeより、「お!こんな感じでできちゃうんですね!」ということで、捨てる予定だった針金を余ったレザーで包んで、バングルを制作!


「REDMOON後藤惠一郎 超簡単!超クールなレザーバングル1」






IFTTTで管理している勤務時間情報を自動計算

以前のブログで紹介した、IFTTTを利用した勤務時間管理





これって、スマホの位置情報から、自動的に出退勤の時刻をスプレッドシートに書き込んでいくプログラム。


関数を組み合わせて勤務時間を計算できるようにしてみた


ただし、欠点があって、書き込まれる時間情報が「September 6, 2019 at 08:22AM」という文字列情報。
そこで、right関数、left関数などを組み合わせて時間の部分だけを抜き出し、さらにIF関数でAM&PMを24時間表記にして、あとは差し引きで計算しているだけ。


C列で、B列からright関数で07〜から右を表記。
D列は、left関数で7という数字だけを表記。
E列は、「=right(left(C1,5),2)」という数式。C列からまずはleft関数で分まで取り出し、その後、right関数で分のみを表記。
F列はright関数でAMPMを表記。
G列は、「=if(F1="AM",time(D1,E1,0),time(D1+12,E1,0))」という数式。if関数からAMPMの判断から24時間表記にして、それぞれをTime関数で連結する。
最後のH列はただの引き算で、勤務時間を算出。





P.S.
こんなプログラムも見つけたので、併用してみます!
これがあるんだったら、今回のような数式の組み合わせは不要!?

「自動でタイムカード」〜指定したエリアにいる時間をGoogleスプレッドシートに記録〜
https://ifttt.com/applets/105064016d

(追記)
上のIFTTTも、結局、表記方法が違うだけで、指定エリアに入った時間と出た時間をインプットするものでした…

子ども向けプログラミング言語「スクラッチ」で、正多角形を描くプログラムを作ってみた

スクラッチとは?


タイトルにもあるように、子ども向けプログラミング言語。プログラム内容が記述されたブロックを積み重ねていくことで、一つのプログラムが完成できます。





文科省のYouTubeでも紹介されている


まあ、ブラウザですぐ動くものなので、とりあえず触ってみると様子がわかります。
実は、長男の夏休みの自由課題で、「じゃあ、文科省のYouTubeでもスクラッチが紹介されてるし、やってみようか!」って感じで、まずは下記の動画をチェック!



まあ、子どもは早いもので、あっという間に同じものを作ってしまいます。
自由課題では、三角形も描くように課題を長男に出し、いわゆる回転角度で間違いをするように、ちょっと意地悪なこともしてみました。


正多角形を自動的に描くプログラム


で、なんとなく隣で見ていて、「○角形を描きたい」と数値を入力すれば、自動的にそのとおりの正多角形を描くプログラムを下記の通り作ってみました。


正多角形の内角の和は、N角形なら「(N-2)×180」で算出できます。
また、回転角度は「180-1つの内角(これは「”(N-2)×180”/N」で算出)」で出ますので、そのとおり式を組み込んであります。

ネコ(ΦωΦ)が、「何角形をかきたい?」と聞いてくるので、テンキーで正六角形なら「6」と入力。そのままEnterで自動的に描いてくれます。

実は、こう考えるとプログラムって全能ではなくて、使う人間側がやっぱり知識がないと使えません。
知識を、いかにして知恵にしていくか?これが重要です。


僕が考えるプログラミング的思考とは?


最初、僕自身は「小学生でプログラミング的思考を、なぜ醸成するんだろう?」って思ったんですよね。でも、いろんな文献を読んだり、大学の先生の話を聞いたりしていくうちに、一つの結論にたどり着きました。
「プログラミング的思考って、物事を因数分解して、再構築する能力」かなって。
違う言い方をすれば、「段取り力」と「優先順位を決める力」と、「改革改善力」って感じ。

身近なところでいうと、「お友だちのお誕生日会を開こう!」というゴールがあったら、それを達成するには、いくつかの段取りが組み込まれているんですよね。
「いつやるのか」「どこでやるのか」「だれをよぶ?」「プレゼントはどうする?」、このあたりを決めたら、「どうやってみんなに知らせる?」「お友だちのお父さんやお母さんには、何て話す?」ということも出てくるし、「係分担はどうする?」って話も出てきます。これを、どうやって決めていくか?っていう力。

大人になると、少しレベルが上がって、新しい企画はもちろんのこと、今までの事業や物事についても、一度分解して、優先順位を見ながら、再構築する。いわゆるBPR(Business Process Re-engineering)に近いのかなっていうイメージです。

プログラミング的思考って、まさに、こういうことを考えられる力だと思います。



こんな本が見つかった!


で、何が言いたいかっていうと、「スクラッチやその他のプログラミング言語を導入することが目的になっちゃいけないよ」ってこと。
そんなことを考えていたら、こんな本、見つけました!ちょっと、図書館で探してみようっと!


改めてIFTTTを使ってみると、チョー便利!

自動化プログラムを作成できるアプリ「IFTTT」(イフト)


以前より使っていたIFTTT。かんたんに言えばある条件を満たすと、自動的にメール送信したり、写真を送ったり、SNSに投稿したり…作業を自動化するプログラムを自分で作れるアプリのこと。

IFTTT
無料
(2019.08.14時点)
 App Store
posted with ポチレバ

もう一つ、iOSには「ショートカット(旧:Workflow)」という同様のものがありますが、これもこれで素晴らしいアプリです。
ショートカット
無料
(2019.08.14時点)
 App Store
posted with ポチレバ



僕が主に使っているのは、この2つ

IFTTTでは、このプログラムのことを「アプレット」と呼んでいます。僕が使っているアプレットは、この2つ。

1)帰るLINEメッセ

うちの嫁さんに「今から帰る」とLINEで送る、という作業がほぼ毎日。部署も変わったせいで、業務の終わり時間がなかなか読めないため、可能な限りLINEで報告。その時間に合わせて、お風呂に先に入ってもらったり、逆に夕食を食べるのを待ってもらったり…

僕はフリック入力は苦じゃないですが、それでも「ボタン一つで送れないかな〜」と調べていくと、このサイトに。



ポイントは、LINE Notifyを使用できるようにして、相手と一緒にグループに登録すること。
これでボタン一つで「今から帰るよ」というLINEメッセージが送れます。

2)出退勤をロケーション情報で制御

まあ、これは、本当に悪いのは僕のせいなのですが…出退勤カードの動作を忘れてしまうことが多いのです。そこで、iPhoneの位置情報を用いて、自動的に出退勤をGoogleスプレッドシートに入力していくアプレットを。


このアプレットを選択して、職場の位置情報を登録すれば、あとは自動的にGoogleスプレッドシートに出退勤時刻を入力していきます。


どんどん、ルーティンな業務や作業は、自動化していきたいですね。
ただし、重要なのは、そこから生まれた時間を、本当にやらなくてはならないことに充てるということ。


印鑑押すのがツラい…だから、これを買ってみた

立場が少し変わったので、印鑑を押す仕事が増えました


毎日、こんなぐらいの書類に印鑑を押すことになります。時間は中身確認しながらなので、毎回最低でも約30分程度かかります…


で、基本、シャチハタってのはダメなので…
いちいち朱肉と書類を往復して押印してましたが、これがメンドクサイ。
で、見つけたのがコレ!






が、すでに印影が薄くなり…

インクカートリッジ1つで約500回の連続押印が可能とのことですが、毎日約50枚の書類に、下手すりゃ2箇所押印するので、1週間もしないうちに印影が薄くなってきました…

だから、これを追加購入!





効果は!?

で、業務時間が短縮されたかというと…ムムム
まあ、電子決済に向けて進めていかないと、根本的解決にはならないかも。


キャンプ用リュックの改造!

大学時代に古着屋で、スイス軍のリュックを安価で購入し、当時は通学バッグとして使っていました!




で、ここ数年くらい、BBQやキャンプのときのバッグとして使っています。
考えてみたら、手に入れてから20年以上になりますね…


結構、容量もあるのですが、外側にいろいろものをつけたくて、カラビナをつけたり、レザーの切れ端をリベットでつけたりと、改造してみました!






さてさて、何をくっつけるか…






バイカーズウォレット風財布を作成!

バイカーズウォレット風財布を作ってみたのだけれど…




参考にさせて頂いたのは、このサイト。


型紙なども無料で公開して頂いているので、大変参考になりました!が、実際は、全く違うものを、成り行きでつくっております…

もともとバイカーズウォレットは、バイクに乗っている人がグローブをしたままでも扱えるように考えられています。僕のジッパーなんか100円ショップのものなので、全く趣旨が違っていますが…それでも、自作のものは愛着があります!

目指しているのは、この方が作っているウォレットです!

いつになるのやら…

オイルで、表面の保護と雰囲気のある色付けを





どうやら、本来なら縫製を行う前に塗布するらしいのですが…これが、また素人の仕事ですね…それでも、ボロ布で塗ってみると、いい感じに仕上がってきました!


追記:
本来はボロ布ではなく、ハケでガンガン塗っていいみたいです。時間があるときに、もっと塗ってみます!

僕が尊敬するZukaさんのショップ!


僕が尊敬するDJでもあるZukaさんのショップ!ぜひお立ち寄り下さい!





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ZenBack